耐震リフォーム

耐震リフォーム~自分でできるチェックポイント~


耐震リフォームイメージ画像1
まずは、現在の建物の状況を把握することが必要です。以前にもお話しましたが、昭和56年6月1日に建築基準法が改正され、以前に確認申請を提出したものを旧耐震基準の建物、以降に確認申請を提出したものを新耐震基準の建物と言って構造基準が大きく異なります。一応の目安は、新耐震基準のものであれば、耐震の安全性が高く、旧耐震基準のものであれば耐震の安全性が低くなります。
しかし、これはあくまで設計上の目安ですから、平成に入っての建築物でも施工不良ということも考えられます。基礎のクラック状態、床下と屋根裏の状況、外壁・内壁のシミの状況、配管の劣化状況、床の傾き、外部建具、内部建具の閉まり方などを確認し、必要に応じ、機械を使った耐震診断なども実施し、総合的に判断する必要があります。
ここでは、ご自身で出来る簡単なチェックポイントをご紹介します。

(1)あなたの住まいの耐震度チェック


下記の質問に対し、該当すると思われる項目の□欄にチェックをしてください。
戸建てリフォーム、マンションリフォームの注意点イメージ画像1□ 1981年6月以前に建てられた建物である
□ 建物の形が四角ではなく、L型や凹凸である
□ 1階がガレージなどで大きな開口となっている
□ 柱だけで支えている10帖以上の部屋がある
□ 1階と2階の外壁の位置がそろっていないところがある
□ 建物の四隅の内、90cm以上の外壁がない角がある
□ 建物の南側面、西側面などほとんどが窓になっている外壁面がある
□ 一辺が4m以上の大きな吹き抜けがある
□ 屋根は昔ながらの重い瓦である
□ 室内の天井や壁に雨漏りのようなシミがついている
□ 外部サッシがしまりにくいところがある
□ 内部ドアの上部もしくは下部の隙間が均一ではない
□ 何となく床が傾斜しているように感じ、ビー玉を置くと転がる
□ 浴室がユニットバスではなく、洗面所など湿気が溜まり、床が沈み込む
□ 基礎や外壁や内壁にクラックが入っている箇所がある
□ 地名に池、沢、沼、川など水に由縁のある漢字が入っている
□ 隣地、道路との高低差がかなりあり、擁壁が間知石で古く、傾いている
□ 過去に大きな地震、台風、水害などの被害を受けたことがある
□ 増築・改築をしたことがある
□ シロアリが発生したことがある


2)一般簡易耐震診断結果


A.16項目以上にチェックした方
 倒壊する危険性が非常に高い建物です。

  すぐに専門家による耐震診断を行い、
  補強工事を行なって下さい。

B.11~15項目にチェックした方
  重大な欠陥、瑕疵の恐れがある建物です。

  大きな被害の出る可能性がありますので、
  専門家による耐震診断を行い、補強内容の検討を行いましょう。

C.6~10項目にチェックした方
  耐震性に何らかの問題がある建物です。

  専門家による耐震診断を行い、詳細な現況を把握しましょう。

D.0~5項目にチェックした方
  一応問題がなさそうな建物です。

  チェック項目によっては、耐震性の問題が疑われますので、
   念のために専門家にみてもらいましょう。



ネクスト・アイズ株式会社 小野代表