array(19) { [4]=> string(12) "chumoncolumn" [2]=> string(6) "column" [3]=> string(6) "common" [8]=> string(7) "ctype01" [9]=> string(7) "ctype02" [10]=> string(7) "ctype03" [11]=> string(7) "ctype04" [12]=> string(7) "ctype05" [13]=> string(7) "ctype06" [14]=> string(7) "ctype07" [1]=> string(7) "madorie" [6]=> string(12) "reformcolumn" [5]=> string(7) "rtype01" [7]=> string(7) "rtype02" [17]=> string(7) "rtype03" [18]=> string(7) "rtype04" [19]=> string(7) "rtype05" [20]=> string(7) "rtype06" [21]=> string(7) "rtype07" }

エコリフォームのチェックポイント(仕様)

省エネ・健康・快適・ロングライフを同時に得られる“エコリフォーム”


大規模リフォームを検討するとき、性能アップも同時に検討


今回は、大規模リフォームを検討するときは、いっしょに住宅の性能アップも検討したほうが合理的であることについて解説しましょう。
耐震リフォームは、安心・安全という視点では、決して欠かすことができません。
同じように、健康、快適、省エネ、ロングライフは適切なエコリフォームで実現できるのです。

エコリフォームの基本


エコリフォームの基本は断熱改修です。これは、いままでのコラムをご覧頂いている方々であれば、すでにご存じのことかと思います。
ただ、エコリフォームのメニューは断熱改修だけではなく、夏の日差しを遮ること、冬の日差しを取り込むこと、季節に応じた屋内の通風を考えること、最適な冷暖房計画、太陽光・太陽熱の活用、屋内外のグリーン化、住宅のスマート化(HEMS導入)、そして日々の暮らし方診断まで、実に多岐にわたります。これらのメニューを各々の優先順位に添って組み立てていくことが、すなわちエコリフォームにおけるリフォーム計画づくりなのです。


エコリフォームには、さまざまなメリットが


それでは、エコリフォームのメリットとは、いったいなんでしょうか?
エコリフォームは、内装・外装デザインや間取りといった“目に見える価値”を追求するのではなく、快適・健康という、日々の暮らしを通じてその効果が理解できる“目に見えない価値”を追求することなのです。
室内温熱環境については、いくら目でみてスペックを比較しても、その効果は見当もつきませんが、モデルハウスなどで優れた室内温熱環境を体験してみると、夏でも涼しく、冬は暖かな空間にびっくりするはずです。
この快適を判断する指標とは、夏と冬の日差し、春と秋の風通し、夏の涼しさ、冬の暖かさです。 そして、健康を判断する指標とは、冷え、アレルギー、室内の温度差なのです。

続いて、省エネ・ロングライフについて解説しましょう。
省エネのキーワードは、ずばり、省光熱費・省資源・低炭素です。
また、ロングライフのキーワードは、長寿命・住宅の資産価値・住宅費の削減です。
興味深いことに、省エネ・ロングライフを真剣に考えている施工会社(工務店・リフォーム店)ほど、省エネ・ロングライフを説明するときには、リスクとメリットの両方をきちんと解説します。
逆に省エネ・ロングライフのメリットばかり説明する施工会社は、エコリフォームを深く理解していないことが大半。快適さが長持ちするエコリフォームを真剣にお考えならば、できればリフォーム工事の契約は避けたほうが無難でしょう。

あわせて、省エネ・ロングライフを理解するためには、工事現場の見学をはじめモデルハウスの見学、窓・断熱材の比較見学が欠かせません。省エネ・ロングライフは、ただ眺めるだけではわかりにくいだけに、実際に使われる資材について、手に触れてみたり観察することで理解が深まります。

エコリフォームについて、深く納得しないと工事をお願いしにくいのであれば、できればその施工会社でエコリフォームをした“お住まいの方々”から光熱費、外気・室温の実測値、住まいと健康の関係、ライフサイクルコストなど直接お聞きすると良いでしょう。実際に住んでみてどれだけ快適になったか、直接お聞きすることほど納得できることはありません。あわせて、住んでいる方に直接、四季を通じての住み心地もお聞きしてみるのもお勧め。
ただ、お住まいの方のところにお伺いする場合、できればちょっとした手土産を持っていくことや、家のなかではあちこち覗かないなど、社会人として最低限のマナーは必要です。
ときどき、社会人としての最低限のマナーすらお忘れになる見学者がいらっしゃいますが、自分の家のなかを知らない人にあちこち入り込ませることは、決して気分のよいことではありません。
つまり、工事を請け負った工務店・リフォーム店との深い信頼関係ができていないと、このような見学はおいそれとできることではありません。


補助金を活用


エコリフォームは、一般的なリフォームに比べると、材料費と工事費が高くなります。
ただし、快適・健康・省エネ・ロングライフは、長く住み続けてはじめて体感できるメリット。
もちろん、一般的なリフォームと比べて深い満足が得られるとしても、当初の予算を越える見積書をみたときに驚く方々が多いことも事実です。

そこで、国や地方自治体が取りそろえているエコリフォーム関連の補助金にも着目してみましょう。エコカー購入時の減税や各種補助金と同じように、エコ住宅・エコリフォームでも、いろいろな補助金を活用できる場合があります。

まず、補助については、『木材利用ポイント』・『長期優良住宅化リフォーム推進事業』・『スマートウェルネス住宅等モデル推進事業』・『うちエコ診断事業』・『再生可能エネルギー固定価格買取制度』などがあります。
ただし、住宅関連の補助金はエコカー関連の補助金と比較して受付期間が短いことや、利用にあたりさまざまな条件がつくことから、エコカー補助金と比較して使いにくい場合が多いようです。
再生可能エネルギー固定価格買取制度についても、太陽光を中心に来年度は制度の見直しが予定されていることから、太陽光発電システム設置を含めたエコリフォーム計画をご検討中の場合は、お早めのリフォーム計画の検討をお勧めします。

あわせてお勧めなのが、エコリフォームと同時に行う耐震改修。
耐震改修については、お住まいの自治体でさまざまな耐震改修補助が用意されています。
壁や床、天井や屋根をエコリフォームする場合は、あわせて耐震改修も行ったほうが工事内容が集約できて合理的、かつ、工事費用も抑えることができるのです。
さらに、エコリフォーム関連の補助とあわせて耐震改修の補助も得られる自治体が多いというメリットから、可能であれば、エコリフォーム+耐震改修を同時に行うほうが良いでしょう。

エコリフォーム関連の補助金のお問い合わせは、お住まいの自治体に直接聞いてみるだけではなく、お近くのiecocoネット加盟工務店にもメールや電話で直接お聞きしてみましょう。きっと、お住まいの自治体より親切丁寧に教えていただけること、間違いありませんよ。


ネクスト・アイズ株式会社 小野代表